ライフデザイン ライフクリエイト ワークライフハーモニー

個人の充実した豊かな生活とビジネスの発展
企業と人のwin-winをお手伝い

ワークライフハーモニートップページ 事業内容 プロフィール

ワークライフハーモニー インフォメーション



ワークライフハーモニー プログラム・サイトマップのページへ






Life Creat & Life Design Goose. -Group Information- 四季の移ろいや自然を感じ、人と環境にやさしい生活を楽しむ暮らし方。仕事とプライベートの充実、自然体で自分らしい気持ちのいい毎日を送る。そんなライフスタイルをお手伝いするネットワークグループです。
美容室グース、ライフスタイルGoose
美容室グース、ライフスタイルウェブサイトGoose、ワークライフバランスを応援する、Work Life Harmony、LOHAS&ecoのGOOSE

グースは、チーム・マイナス6を応援しています。

ワーク・ライフデザイン
TOP > WORK LIFE HARMONY コミュニケーションを効果的にする4つの視点・ポイント


Why communication コミュニケーションがうまくいかない4つの視点・ポイント

  日常、一番多くのコミュニケーション手段として欠かすことができないのは、
  「言葉」を中心とした「会話」や「対話」になりますね。

  会話や対話によるコミュニケーションは、うまくいっているようにみえていても、
  気をつけてみると、かみ合っていなかったり、すれ違っている会話、話し合いになっていない
  話し合いなど結構多くありませんか?

  たとえば何か仕事で、「報告・連絡・相談」や「指示・命令」を「言ったハズ」「伝えたハズ」なのに
  「聞いていない」「伝わっていない」、そして、実行されていない。

  仕事の場面(もちろん仕事以外でも)で、そのような経験ありませんか?

  報告・連絡・相談や指示・命令は、重要なコミュニケーションですよね。
  どうしてうまくコミュニケーションがとれないのでしょうか?
  このページでは、そのあたりを4つの視点で紐解いていきます。

Why communication コミュニケーションがうまくいかない4つの視点・ポイント

  会話や対話によるコミュニケーションがうまくとれない要因、
  まず最初に、「話合う必要性を感じている両者であるか」ということがあげられます。

  例えばどちらか一方が、相手を説得しようと考えたり、自分の言いたいことや言い分だけを
  聞いてもらえばいいということでは、相手や他の人は仕方なく(コミュニケーションの必要性を感じていなく)、
  お相手をさせられているということになります。

  これでは、一方通行で、コミュニケーションは成立しません。

Why communication コミュニケーションがうまくいかない4つの視点・ポイント

  また話し合いの中で、
  同じ「言葉」をお互いに使っているとしても、同じ考えや思いで「言葉」を使っているとは、いえないこともあります。

  「ちゃんと言ったのに…!」、そのように自分はしっかり言ったハズなのに、
  相手に伝わっていないとき、相手の聞き方が悪いように言ったり、思ったりすることがありますね。

  もし、同じ考えや思いで「言葉」を使っていなければ(共有していなければ)、
  伝わり方や受け取り方に差がでるのは、当たり前かもしれません。

  言葉はあくまでも何かのコトやモノを代表する地図のようなツールにすぎません。

  「言葉」は絶対的な意味を持っているとは限らない、という事をしっかり認識していないといけません。

Why communication コミュニケーションがうまくいかない4つの視点・ポイント

  そして、忘れてはいけないのは、日本人の話す速度は1分間に300字くらいです。
  それに対して、頭の回転は5倍、人によっては10倍とも言われています。

  ということは、
  何かひとつのことを聞いたり、話したりしている間に5から10のことを考えていることになります。
  ですから、話していても「全く別のことを考えてること」がよくあります。

  もしかしたら、皆さんも経験があるのではないでしょうか?。
  誰かと話しているときに、「反応する言葉」を考えていたり、ときにはまったく別のことを考えていて、
  「聞こえていて」も「聴いていない」ということが…。

  人間は、人の話の20%くらいしか聴いていないとも言われています。

Why communication コミュニケーションがうまくいかない4つの視点・ポイント

  最後に一番厄介なのは、私達が持っている価値観や固定概念です。
  自分が持っている価値観や固定概念は、自分自身が気づいているものもあれば、気づいていないものもあります。

  ある問題や議題について話し合うとき、話し合う人たちのその問題や議題に対して価値観や固定概念が
  重なりあい、同様の考え方や見方をしている場合、共感度は高く、円滑に話は進んでいきます。
  同じ価値観や固定概念がベースにあるので、話しがあうのが当然ですね。

  しかし、いつも同じ価値観や固定概念の人たちとは限りません。
  むしろ、違った価値観や固定概念をもっているほうが多く、自然です。
  そうですよね、ほとんどの人はそれぞれ違った価値観や固定概念をもっています。

  違った価値観や固定概念で話し合うときは、それぞれの持っている価値観や固定概念をぶつけ合います。
  そういった場合、自分の価値観や固定概念を守るように、無意識のうちに自己防衛をしてしまいます。
  そして、自分の価値観や固定概念で相手の言い分を評価・否定してしまうことがあります。

  そういう意味では、自分の価値観や固定概念に気づき、
  それにこだわるのをやめないと、話が聞けない(聴けない)ことにつながります。

  最後にまとめると、
  下にあげている4項目が、会話や対話によるコミュニケーションを効果的にする4つの視点・ポイントです。

Why communication コミュニケーションがうまくいかない4つの視点・ポイント

Copyright © WORK LIFE HARMONY by Goose. All rights reserved. | トップ | 事業内容 | プロフィール |